イベント・セミナー

「夢をカタチに!わたしのオトナ地図」を開催

投稿日:2020-01-09 更新日:

12月26日に小中学生、11名が参加しました


こちらの小学5年生~中学生を対象としたこの講座。

誰一人同じ人間はいなくて、いろんな考えや価値観をもった人たちがたくさんいること。それは決して、誰が正解とか間違いとかもなく、みんな違って、みんないいんだよ。

そんなことを体感で感じてもらう講座を開催。

 

同じ絵を見ても、見る人によっては受け捉え方が違ってくる。

そんなことを、子どもたち同士、自分の言葉で共有していきます。

「なるほどね、そんな風に考えたわけね。」
「俺は、これはこのように考えたよ。」

この講座の最初に、講師が約束をします。

 

1)ここで話したことは、口外しない
2)この場は、安心・安全な場所であるとこ
3)誰のことも否定しないこと

 

自由に、自分の気持ちを、自分の言葉で話して欲しいから。

 

前半はいくつかのワークをグループや全体で取り組む。そして、後半は自分と向き合う時間。

講師のリードにより、オトナ地図(コラージュ)を制作していきます。たくさんある雑誌の中から、自分の直感で気になるページを破り、必要な部分だけを切り取ります。取捨選択をしたら、一枚の大きい紙にレイアウトし、貼り付ける。

その間、黙々と自分に向き合ってもらいます。

 

取捨選択をするとき、いらないものを思いっきり床に捨てていくのです。普段、お家ではできないこと。

「え?捨てていいの?」

最初は、とまどって控え目に捨てていた子たちが、時間がたつにつれて大胆に捨てていく姿では、何か解放された表情にも見えます。この作業も、とても大事な工程の一つ。中には、くしゃくしゃにして、思いっきり捨てる子も(笑)

出来上がったオトナ地図は、まさに自分の心の中の投影。一人ひとり、どんなことを思いながら作ったのか。気づいたことや、感じたことを自由に話してもらいました。

 

普段は、オトナ向けに開催している、このコラージュ制作。体験した子どもたちからも意見をもらい、次回は更によりよい内容にするために改善していこうと思います。

 

こちらは、「こころ豊かな社会をつくるための子供教育財団の助成事業」による助成金で開催しています。

 

子どもたちは、無料で参加することができます。1回だけでなく、複数回参加されることで、心を整えながら、自分の気持ちに気付きやすくなることだと思います。すでに参加された子も、また参加することは可能です。

詳細は、コチラから

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
相田彩香(知育ism編集長)

相田彩香(知育ism編集長)

知育ismでは、「カメラマン」「デザイナー」「ライター」「営業」と何役もこなす兼編集長。知育ismを引き継いで1年。地元に根付き、頼れる「子育て情報誌」を目指しています。中学男子、トイプー(オスメス)の40代の母。

Copyright© 知育ism公式サイト | 約2万部発行の愛知県子育て情報誌 , 2020 All Rights Reserved.