地域情報 読みもの イベント・セミナー

〈絵本のへや〉で待ってます。

投稿日:

子どもの頃に出会った〈絵本〉との思い出、あなたはありますか?

幼い頃、親から読んでもらった絵本。

自分で気に入って何度も眺めていた絵本。

読んでもらううちに言葉を覚えて声に出していたこともあるでしょう。

お気に入りの一冊、何度も読んでもらった絵本は生涯忘れることのない、大切な思い出とともに、どこか心の拠り所のようにしてその人の中に生き続けていくものです。

 

〈絵本〉は子どもの人生で初めて出会う本。

その本を通し、たくさんの絵や写真、ママの声が小さな子どもたちの成長にさまざまな役割を果たしてくれます。

 

〈絵本のへや〉では、そんな時間を親子でもっと楽しんでもらいたい思いからはじまりました。

もちろん、ただ読むだけではなく。

 

幼児教育講師+あそび発達インストラクター、リトミック講師+ギター講師、コーチ(コーチング)を用いながら、絵本と向き合う時間をもっと楽しく、さらに豊かなものとなるよう、私たちは真剣に、そして楽しみながら行なっています。

 

「すでにグループが出来ていたら行きにくいな…」

この時間は親子一組で参加される方が多いのも特徴。

「すでにグループが出来てたら…」と不安に思われた方も安心してお越しいただいています。

また、初めてのお出かけでお越し下さった方も。

 

 

〈絵本のへや〉は新たなママとの出会いもたくさんあります。

ベビー期のママは子どもと自分だけの世界になりがちな面も。

だからこそ、この時間を通してママ同士の繋がりができるのも私たちが願っていることのひとつでもあります。

 

 

 

寒さはこれからが本番!

 

室内なら安心して遊ばせてあげれる上に、絵本とリトミックで五感をフルにしてあげることもできますよ♪

 

現在、緑区と昭和区の二カ所にて開催中。

 

気になった方、詳しくはこちらをクリックしてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
紅林 満環子

紅林満環子(知育ism副編集長)

一男一女、一トイプードル、そして一夫(笑)。 年を重ねる毎に楽しさと学びも重ねていけるようにしたい私です。 2020年も笑顔で過ごせることに感謝し、日々を大切に味わっていきたいです。

Copyright© 知育ism公式サイト | 約2万部発行の愛知県子育て情報誌 , 2020 All Rights Reserved.