読みもの

安全に楽しむ! 子ども写真とSNS「コメントでトラブル発生!?」

投稿日:

春からのコロナ禍により、インターネットと私たちがより密接な日常となりました。
インターネットがあったおかげで、繋がりを感じた人も多いはず。

子どもの可愛い写真や面白い写真が撮れたら、ついシェアしたくなります。
しかし、そこに思わぬ危険があることも知って欲しい。

そこで、フォトグラファーErikoさんに安全に楽しむ子ども写真とSNSについてお聞きしました。(以下、2019年春号の記事より)

 

コメントでトラブル発生!? 個人情報流出の危険!

上手に撮れたら、誰かに見てもらいたくなるし、素敵な写真にコメントしたくなります!
そこで、投稿する前に子どもや身近な人を守るポイントをお伝えします。

 

投稿へのコメントから、子どもの名前が広まるケースがあります。

「長女、初めての発表会!!」という写真に「〇〇ちゃん、頑張ってたね!」なんてコメントがついたら、どうでしょう。

投稿者があえて名前を伏せていても、他者によってバレてしまう。
「コメントは嬉しいだけに、言い出せなくて😓」なんて声を聞きました。

コメント欄のメッセージには、本名を書くを止め、本文の呼び名を使うことでトラブルが避けられます。
相手を不快にさせない思いやりのコメントをしたいですね。

近藤衣里子 〜Eriko Photography
保育士として300組以上の親子と関わる中で、笑顔が家族の幸福感を高めることを実感。
写真で家族の元気をお手伝いします。
Eriko Photographyインスタグラムhttps://www.instagram.com/eriko_photography/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
相田彩香(知育ism編集長)

相田彩香(知育ism編集長)

知育ismでは、「カメラマン」「デザイナー」「ライター」「営業」と何役もこなす兼編集長。知育ismを引き継いで1年。地元に根付き、頼れる「子育て情報誌」を目指しています。中学男子、トイプー(オスメス)の40代の母。

Copyright© 知育ism公式サイト | 約2万部発行の愛知県子育て情報誌 , 2020 All Rights Reserved.