地域情報 読みもの

いろいろな子育ての「カタチ」~発達障がいのある息子とともに・後編

投稿日:

パートで働く主婦と園児のはなし

我が家には「自閉症スペクトラム」と診断されている息子がいます。その彼が春から小学生。これまでも成長の節目ごとに決断が伴いました。

最初は「就園」。そして今回は「就学」。

「就園」と大きく異なり、自立が求められました。小学校はある程度の自立が必要となり、それは本当に大変な事です。就学に向けて親子で療育センターでの「発達相談」、そして「診察」を受けました。

得意なことと苦手なことの差が大きい〈凹凸型〉が特長の息子に向け、「発達相談」ではOT(作業療法)による体感を鍛える動きや手先の訓練を勧めてもらいました。また、療育センターとは別にST(言語訓練・コミュニケーションスキルの習得)も受けました。

年長の春は療育センター主催の『就学へ向けての説明会』へ。
同じ悩みを持つ親御さんが参加していました。

その後は就学する学校に連絡をし、後日親子で学校見学・相談。
面談は校長、教頭、教務主任と行ない、通常学級と支援学級の見学もしました。現在の子どもの発達状態、園での様子、専門家のアドバイス、学校の受け入れ態勢など全部を加味し、息子にとって何がベストか夫婦で話し合いを重ねました。
ときには母親の思い〈安心な場所で学ばせたい〉と、父親の思い〈色々経験して学ばせたい〉との違いで意見が割れたことも。
息子の意見は〈お友達と一緒がいい〉。

それぞれの思いを組みながらも最終的な判断は親に委ねられます。

 

 

そして一年目は通常学級へ就学することを決めました。その後は一年ごとに子どもの様子を見ながら決めていくことに。
学校と連携を取りながら学校生活が楽しいと思ってもらえるよう、これからも息子をサポートしたいと思っています。

息子と歩んできた6年間は多くの人達に支えられ、ここまで来ることができました。

同じような悩みを抱えているなら…療育センターで専門家の意見を聞いたり、子どもの特徴を知ることは就園・就学への判断材料になると思います。

そして今は。
これから始まる小学校での日々も、納得するまで見学相談して結論を出せばいいのだと感じている私です。

 

 

*写真はすべてイメージです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
紅林 満環子

紅林満環子(知育ism副編集長)

一男一女、一トイプードル、そして一夫(笑)。 年を重ねる毎に楽しさと学びも重ねていけるようにしたい私です。 2020年も変化を楽しみ、みんなと笑顔で過ごせるようにしたいです。

Copyright© 知育ism公式サイト | 約2万部発行の愛知県フリー子育て情報誌 , 2020 All Rights Reserved.