読みもの イベント・セミナー

自分のタイプ、子どものタイプ~コミュニケーション心理学

投稿日:

子どもの気持ち、理解できていますか?

子育て中のママと出会うと悩みのひとつに「子どもが分からない。」という声をよく聞きます。

かくいう私もそうでした。

 

「なんでそう思うの?」
「どうしたらそんな行動になるの?」

 

きちんと子育てして、きちんと家庭を築かなくちゃ!と思っていた頃の私。
「もしかしたら私は子育てに向いてないのか…。」
「他のママならこの子たちと上手に関われたのかも…。」
なんて不安に感じたり。ひどい時になると、
「私じゃない方が幸せになるのでは…。」なんて枕を涙で濡らした夜も。

 

でも。人には元々生まれ持ってのタイプ(気質)があることを知り、
・それは一生変わらないこと
・自分とタイプが違うと分からないことがあること
・分かりやすいタイプ、分かりにくいタイプがあること

…などを知り、「だから子ども(そして旦那様も)とは理解し合えないところがあるんだ!」と分かったら変な不安が減りました。

もちろん分かったら怒りやモヤモヤがゼロになるわけではありませんが、気持ちは伝わりやすくなったし、以前よりも心がずっとスッキリ。

 

子どもへの愛は変わらないし、深いのに、〈うまく伝えられない・理解できない〉ことで気持ちが落ち込んでしまうなんでとても損なこと!

相手に何かを伝えたいときや分かってほしいときなどは相手に合わせた伝え方を意識することで理解してもらえる度合いがグッと深まりました。

 

相手の気持ちが手に取るように分かるのはもちろん、何よりも自分自身のことを客観的に理解するのはとても面白くて!

この学びを知った後、さらに深めたい!と思い、速攻で講座の申込をしたのは私が「そのタイプ」だったから。
その当時は自分は非行動的で内向的な性格と思っていたのに…本質は真逆で(笑)

しかし、本来の自分を知り、それを意識したのが良かったのか、今は後付けの行動性少なめ・内向タイプな私と相反する行動的かつ外向的な自分がいて、それぞれを上手に表せています。

 

そんな〈コミュニケーション心理学〉について、講座を通じてコミュニケーションの難しさを楽しさに変えてもらえるように伝えています。

少しでも興味を持たれた方は今月も講座があります!まずは体験講座から受けてみてください。

 

知育ismのサイトでもコミュニケーション心理学の面白さについてお伝えしていきますのでどうぞ楽しみにしてくださいね。

【募集開始】子育てコミュニケーション心理学 入門講座

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
紅林 満環子

紅林満環子(知育ism副編集長)

一男一女、一トイプードル、そして一夫(笑)。 年を重ねる毎に楽しさと学びも重ねていけるようにしたい私です。 2020年も変化を楽しみ、みんなと笑顔で過ごせるようにしたいです。

Copyright© 知育ism公式サイト | 約2万部発行の愛知県フリー子育て情報誌 , 2020 All Rights Reserved.