地域情報

欲しい一枚と出会えるお店

投稿日:

手漉き和紙と世界の紙に出会える場

8月1日まで〈紙の温度〉のギャラリーにて開催の『必見!!「七里の渡 風景画屏風」展』。

こちらを取材した際、展示はもちろん気になったのですが、それとともに惹きつけられたのが、このお店〈紙の温度〉。
入口前から大きな看板でインパクトを与えられたのですが、それを裏切られることのない店内。

 

スタッフの平松さんに色々とお話しを伺ったのですが、やはり看板にもある通り、20,000アイテムもの紙と出会える場所であること。そして、ほかのお店だと手に触れることができない紙もこちらだと直接触れることができるのです!

 

ちょっと使ってみたいけど、高価だし、どんな風合いなのか、手触りや質感、光沢は…など、紙にこだわりを持つ人はもちろん、初めての出会いを楽しみたい人もしっかりと確かめてから購入することができるのは大きなポイント。

日本各地の、そして世界21か国の紙と紙にまつわる商品を取り扱っているから、見ているだけでも紙の旅行を楽しめます。

遠方の方へはWEBでの注文も受け付けているそうですが(品物にもよりますが一枚からでも購入が可能)、もしお近くでしたらこの機会に直接紙に触れてみたり、新たな紙との出会いを楽しむのもいいかも。

 

今はまだ不安もあったり、暑さでお出かけも大変な時期だからこそ、様々な紙を使って親子でクラフト体験を楽しむ夏を過ごしてみるのもいかがですか。

 

《紙の温度》
愛知県名古屋市熱田区神宮二丁目11番26号
地下鉄名城線・伝馬町駅①番出口 西へ徒歩約5分(駐車場もあります)
詳しくは… https://www.kaminoondo.co.jp/

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
紅林満環子(知育ism副編集長)

紅林満環子(知育ism副編集長)

一男一女、一トイプードル、そして一夫(笑)。 年を重ねる毎に楽しさと学びも重ねていけるようにしたい私です。 2020年も笑顔で過ごせることに感謝し、日々を大切に味わっていきたいです。

Copyright© 知育ism公式サイト | 約2万部発行の愛知県子育て情報誌 , 2020 All Rights Reserved.