読みもの

夏休みの自由研究にも!!虹を作ってみよう☆

投稿日:

大人も子どもも見るとハッピーになれる『虹』。

虹って簡単に作れること知っていますか?

 

虹ってどうやってできるの?

まずは虹の基本的な説明から。

虹は太陽光を空気中の水分が反射することによっておこる現象。

太陽光の白い光は[赤・オレンジ・黄色・緑・青・藍・紫]のすべての波長を含んでいます。

つまり虹って、白い光の中にあるすべての色が見えている状態!!

このことから人は虹にたいして夢や希望、幸福etcの満ち足りたイメージを持つようです。

 

また、空にかかってすぐに消えてしまう虹の存在は古代の人々も「神様からのメッセージ」ととらえていて、実は教会のステンドグラスは「神様からのメッセージを浴びましょう」と虹を模したものなんです。

 

そんな虹ですが、実は各国によって色の数に違いが。

日本は7色ですが、他の国では5色や3色etc多種多様。

統計として赤道に近い国ほど色数が少なくなるようです。

 

虹を作ってみよう!!

では簡単に虹を作ってみましょう!!

小さいお子さんでも簡単にできますよ☆

■用意するもの

霧吹きだけ(笑)

あとは太陽の光

■作り方

①外へ出て太陽の光を背中側にして虹が見やすい暗い壁や地面を探しましょう。

②空中で霧吹きを何度かしてみて、細かい水しぶきをたくさん出します。

水の粒に太陽光が当たると虹ができます。

太陽を背に水しぶきを出すと虹が見やすいです。

※太陽が高い位置にある時はうまく虹が見られないかもしれないので、午前中や夕方にやるのがベスト!!

またホースの口を細めて水しぶきを出しても代用ができます。

 

 

自由研究なら「電球や他の光でも虹はできるか」とか「お風呂場や他の場所でも虹は見えるか」とか比べてみてもいいかもしれませんね☆

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
risa hasegawa

risa hasegawa

『会うだけで元気になれる!!』個性派カラー&耳つぼセラピスト。 [LOTUS COLOR]としてカラーセラピー・耳つぼセラピーをしています。 各種養成講座やカラーを使った講座も開講しています。

Copyright© 知育ism公式サイト | 約2万部発行の愛知県フリー子育て情報誌 , 2019 All Rights Reserved.