読みもの

クリスマスをもっと楽しく!!クリスマスカラーの意味や由来を知ろう♪

投稿日:

こんにちは!!

カラーセラピストの長谷川 里彩です。

 

 

あっという間に今年もあと1か月!!

ママのみなさんは大掃除に年賀状etc忙しくなりますね。。。

 

それでも12月はクリスマスや大晦日etc楽しいことがいっぱい!!

中でもクリスマスって大人から子供までみんながわくわくしちゃう素敵なイベント☆

↑あたしも大好きですw

今日はそんなクリスマスがより楽しくなる『クリスマスカラー』についてのコラムです。

クリスマスの飾りつけや、パーティーの参考にぜひ☆

クリスマスカラーの意味と由来

クリスマスを象徴する色といえば

【赤】【緑】【白】【ゴールド】を思い浮かべる人が多いですよね。

サンタクロースやクリスマスツリー、雪や星のイメージです。

 

でもこの色たちってちゃんとそれぞれ意味や由来があるんです。

 

【赤】の意味は神の愛やキリストの血。

クリスマスってもとはイエスキリストのお誕生日。

イエスキリストはすべての人々の罪を背負って十字架にかけられました。

そんなイエスキリストの流した「血の色」と、それと対照的な「神の愛」という意味が【赤】には込められています。

 

【緑】の意味は永遠の命や神の永遠の愛。

クリスマスツリーを連想する緑には冬になっても枯れずに豊かな緑色の常緑樹(モミの木やヒイラギ)から由来しています。

冬には枯れてしまうほとんどの木と違って、寒い冬でも緑が絶えないモミの木は『希望の木』と言われていました。

一年を通じてずっと緑を茂らせる『エバーグリーン』は力強い生命力を感じることから『永遠の命』という意味があります。

 

【白】の意味は純潔や純粋な心。

純粋な白は穢れを感じさせず、純潔と雪の色を表します。

白は清らかな心や魂を表現しているんです。

 

【ゴールド】の意味はベツレヘムの星や高貴、希望。

ツリーの一番上に飾るトップスターは『ベツレヘムの星』を表しています。

キリストが誕生した時に三賢者に知らせるために、東の国でひときわ大きく輝いて三賢者をベツレヘムに導いたのが『ベツレヘムの星』。

この星の輝きや高貴さを表しています。

そのほかにも最近は【シルバー】や【青】なんかも使われますよね。

【シルバー】は【ゴールド】や【白】の代わりに使うと高級感や神秘性が増して、派手さよりもシャープで大人っぽい印象になります。

【青】は【白】や【シルバー】と組み合わせる色使いは、雪の結晶とその影を表現しています。

ロマンチックでムードのある印象になりますよ。

クリスマスカラーがわくわくする理由

クリスマスの時期によく見る【赤】と【緑】の組み合わせってなんだかわくわくしませんか?

実はこれってちゃんとした理由があるんです。

【赤】はもともと注目されたり興奮を促す色。

それと反対色の【緑】が組み合わさることで、より華やかさが増すんです!!

反対色は補色と言って、お互いの色を際立たせる相性のいい色になります。

 

クリスマスの飾りつけやテーブルのコーディネートをする時に意識してみると楽しいですよ☆

 

 

それぞれの意味を知っていると、よりクリスマスへの想いが深まるもの。

家族みんなで飾りつけやパーティーを楽しんでくださいね☆

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
risa hasegawa

risa hasegawa

『会うだけで元気になれる!!』個性派カラー&耳つぼセラピスト。 [LOTUS COLOR]としてカラーセラピー・耳つぼセラピーをしています。 各種養成講座やカラーを使った講座も開講しています。

Copyright© 知育ism公式サイト | 約2万部発行の愛知県フリー子育て情報誌 , 2019 All Rights Reserved.