読みもの イベント・セミナー

子どもは大人の真似をしながら成長していく

投稿日:2019-08-03 更新日:

先日、子どもに
「〇〇先生が教室に入ってくるところのマネするから見てて!」
と言われたので見ていたら
マネされている先生の特徴をとてもよく捉えていて
思わず笑ってしまいました。

自分で考えてわかると楽しい!
イーラボ Education+Labo
の あくつ しの です。

 

子どもは大人の真似をするのが大好き

 

私自身は小学生の頃、大人に憧れて
母のマアニキュアをこっそり塗ったりして
(マニキュアの匂いでバレバレなんだけれど)
ちょっと大人になった気分になっていました。

 

 

 

 

 

 

 

小学生くらいになると
男の子なら大人がしていることを面白おかしくマネをする
モノマネみたいなことが増えます。
女の子なら大人の女性に憧れて
オシャレに興味を持ち始める子がいます。

でも実はもっと幼い頃から
子どもたちは大人の真似をしているんです。

 

2歳でも大人の真似をする

 

保育士をしている友人からこんな話を聞きました。

2歳の子でもね
「ありがとう」と言うときに
頭を下げる動作をしながら
子どもからものを受け取るようにしていると
子どもが真似をして頭をさげるようになるんだよ^^

私はこの話を聞いて
”2歳の子でもちゃんと大人の姿を見ているんだ”
と、とても関心してしまいました。

 

 

 

 

 

 

そして、3歳くらいになると
いろいろなごっこ遊びをするようになります。

ままごと遊びやお店屋さんごっこをしている姿を見ると
私たち大人の真似をしているのがよくわかります。

特にままごと遊びをしている子どもの様子を見ていると
そのお家の様子がよくわかって
親としては「アイタタタ…(>_<)」
なんてことも(笑)

子どもは本当に大人の様子をよく見ていて
周りの大人がどんな行動をしていたか
どんな会話をしていたか
真似をして再現しながら体験することで
社会性を身に付けているんですね。

 

大人が楽しんでいる姿を見せることが大切

 

これは勉強やお片付けも同じです。

子どもが勉強をキライと言う姿や
お片付けは好きじゃないと言う姿を見ていると
その子どもの親自身が
「勉強はつまらない」「片づけられなくて…」
と言っていることが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

大人が嫌だなとかやりたくないな
と思っていることを
子どもに好きになれ・やりなさいというのは
とても難しこと。

それなら、まずは私たち大人が楽しんで
勉強やお片づけに取り組んでみませんか?

お片付けの基本を学びながら考える力とお片付けの関係について学ぶことができる講座はこちら
整理収納教育士認定講座 8/12・9/14

子どもの発達段階に合わせたお片付けの教え方を学ぶことができる講座はこちら
片づけ遊び指導士認定講座 9/21

遊びながら考える力とお片付けが自然と身につくパズルはこちら
収能パズル
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
阿久津 紫乃

阿久津紫乃(イーラボ Education+Labo)

大手進学塾でこれまで2000組以上の親子に抜群の観察力と愛で寄り添ってきた塾講師。子どもの「あ、わかった!」という笑顔が大好き。現場にいるからこそわかる、子どもの考える力を育てるために日々、試行錯誤中。

Copyright© 知育ism公式サイト | 約2万部発行の愛知県フリー子育て情報誌 , 2019 All Rights Reserved.