読みもの イベント・セミナー

保育園や幼稚園だとできるのに家だとできない「お片づけ」

投稿日:2019-06-25 更新日:

お家で「お片付けしなさーい!」といくら言っても、お片づけしようとしない子どもたち。幼稚園や保育園では、先生が「お片付けしようね」と言うだけでお片付けできるのに。この違いは何だろう?

自分で考えてわかると楽しい!イーラボ Education+Labo の あくつ しの です。

今日は子どもがお片付けできない理由と、お片付けについて学べる講座をご紹介します。

子どもがお片付けできない理由は何だろう?

ママのお悩みのBest5に入るのではないかと言うくらいお片付けの相談で多いのは「子どもが自分でお片付けできない」というお悩みです。

そんな保護者の方に「お子さんにお片付けを教えたことがありますか?」と伺うと「お片付けをどうやって教えたらいいのかわからない」というお返事をいただきます。

そして「そういえばお片付けって教えてもらったことがない!」「まずは、私がお片付けについて学ばないと子どもに教えられないんだ」と気づかれる方がとても多いのです。

大人がお片付けを学ぶことの重要性

お片づけができない子どもが増えているのは、お片づけが苦手と言って子どもにお片づけを教えられない大人が多いから。

近年では、小学校の家庭科や道徳の教科書で整理収納が扱われているほどお片付けができない子どもが増えているのです。

でも、お片付けをどうやって子どもたちに教えたらいいのかわからなくて困っている、という先生方が多いのも事実。

そして”お片づけなんて学ぶものではない”と思っている人も多いのです。ところが実際には、職場で書類が見つからない、家の中がモノで溢れかえって困っている、そんなお声をよく伺います。

子どもたちにお片付けを教えることができるように、まずは、私たち大人がお片付けについて学ぶことが大切なんですよね。

子どもの発達段階に合わせてお片付けを教えよう

では、何歳から子どもにお片付けを教えることができるのでしょうか?

実は、モノが掴めるようになる1歳3ヶ月くらいからお片づけを身に付けることができるんです!

「ないないしようね~^^」といいながら、おもちゃを箱にしまう様子を見せてあげると子どもがその様子を真似しておもちゃを箱に入れてくれます。(その姿がとってもかわいい!)

「上手だね~!」と褒めてあげると、また同じ動作をしてくれます。これがお片付けの初めの1歩。

こんな風に、子どもの発達段階に合わせてお片づけを教えてあげれば、子どもは少しずつ、お片付けを身に付けていくことができます^^

大人がどんな風に子どもに接していくかで子どもが身に付けていけることは変わっていくのです。

だから、自分のためにもお子さんのためにも、忙しいからとお片付けを後回しにせず、お片づけについて一緒に学んでみませんか?

お片付けの基本を学びながら考える力とお片付けの関係について学ぶことができる講座はこちら
整理収納教育士認定講座

子どもの発達段階に合わせたお片付けの教え方を学ぶことができる講座はこちら
片づけ遊び指導士認定講座

遊びながら考える力とお片付けが自然と身につくパズルはこちら
収能パズル
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
阿久津 紫乃

阿久津紫乃(イーラボ Education+Labo)

大手進学塾でこれまで2000組以上の親子に抜群の観察力と愛で寄り添ってきた塾講師。子どもの「あ、わかった!」という笑顔が大好き。現場にいるからこそわかる、子どもの考える力を育てるために日々、試行錯誤中。

Copyright© 知育ism公式サイト | 約2万部発行の愛知県フリー子育て情報誌 , 2019 All Rights Reserved.